FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供を全員東大に入れたお母さん

* これは、(だいぶ間が空きましたが)前回の記事の続きです。


ノッコを受け入れられない私を、そっくりそのまま受け入れてくれたジョン。

彼のやさしさに、その時の私はどれくらい救われたことか。

けれどどんなにジョンの言葉で気持ちが楽になっても、だからといって心の問題が解決したという訳ではなく、私の苦悩自体は消えることなくそのままそこに存在していた。

それは「自分の娘は頭のいい子であって欲しかった」という思いを捨てきれないのと同じくらい、「ノッコを受け入れたい」という願望も捨てきれずにいたから。

だから私はジョンに打ち明けたあとも、変わらず他のお母さん達のブログを読んだり、子育て関係のテレビ番組を見たりしていた。

そんなある日Youtubeで、子供四人を全員東大の医学部に入れたというお母さんのインタビューをみつけた。

子供一人を東大に入れたのなら、たまたまその子が頭のいい子だったのかもしれないと思うけれど、子供四人とも東大に入れたとなると、きっとお母さんの貢献が大きいのだろうと思い、そのインタビューを見てみることにした。

そのお母さんはお子さん達が小さい頃から英才教育を始め、つきっきりで勉強をみてきたと言っていた。

彼女が子供の勉強の邪魔になると思うこと、時間の無駄だと思うことはできるだけ排除し、子供達が勉強に集中できる環境を整えることに力を入れてきたと言っていた。

なのでテレビやバイトや恋愛は禁止。子供達の宿題も無駄だと思われるものは彼女が代わってやってあげていたという。

子供の教育のためにここまで自分の全てを打ち込めるってすごいなと思ったし、子供達を東大に入れることで自分の子育ては成功したと思えるなら、ある意味羨ましいとさえ思った。

全ての親にとって子育てのゴールがそれくらい単純で分かりやすかったら、どんなにいいだろうと思った。

そのお母さんの「東大に入るために必要なこと以外は全て無駄」とする教育方針に反発する人は多く、そのテレビ番組でもそのお母さんはかなり叩かれていた。

けれど私は彼女の考え方はそんなに批判されるほどのものではないと思った。

彼女の言葉からお子さんたちに対する愛情は感じられたし、やり方はどうであろうと、彼女だって子供達のためを思って東大に入ることを目標としたのだと思う。

その「子供を思う気持ち」は、他のお母さんたちと何ら変わらないものだと私は思った。

でも、

そうは思いつつも、やっぱり彼女のようにノッコや風太を育てていきたくはないなと思ってしまった。

勉強に力を入れてあげたのはいいかもしれないけれど、彼女はあまりに自分の子供達をかまいすぎて、彼らの自立心を削いでしまったような気がしたから。

彼女は二言目には「恋愛でもファミコンでも やりたいことは大学を出てから好きなだけやればいいんですよ。」と言っていたけれど、それでは遅すぎることってかなり多いと思う。

自分の意思で物事を決め、自分の思うように行動して失敗するという経験を小さい頃から重ねていないと、大人になってから初めて大きな失敗をするのは危険だと思った。

彼女はテレビもゲームもスポーツも「時間の無駄」だと考えていたようだけれど、そういう「無駄」から子供達が学ぶことはたくさんあると思うし、ある程度の時間の無駄は子供の成長には欠かせないものだとも思う。

私は彼女が出ていた番組を見たあと、他にもその人が出ているYoutubeをいくつか見てみた。

そして彼女の話を聞けば聞くほど「たとえ子供が勉強できるようになっても、彼女のような子育てはしたくないなぁ」という思いが強くなっていった。

じゃあ、

自分は一体どういう風に子供達を育てたいのか。
自分だって本当は、彼女のように勉強のできる子供を育てたかったのではないのか。

彼女のやり方を批判するのは簡単だけれど、じゃあ、自分はどうしたいのか。

自分にその疑問を投げかけてみた。

そしてその問いについて、自分なりにじっくりと考えてみた。

それが今回ノッコのことで悩んでいた私の(とりあえずの)解決策につながっていった。


つづく




にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村







sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。