FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の気持ちをごまかすのをやめてみる


*これは昨日の記事の続きです。


その日から、私のノッコに対する態度が少しずつ変わっていった。

以前は熱心に教えていた勉強も、なんだかやる気が失せてしまったし、ノッコのためによかれと思ってやってきたことも、何だか全てが無駄な事だったように感じてきたのだ。

実は以前の面談で先生が私に提案してくださったことは、家ですでにやっていることばかりだった。

学校の宿題以外にも、短い読解の問題はよくやっていたし、単語の練習もただ覚えさせるだけじゃなく、どんな風に使うのか例を挙げながら丁寧に教えていた。

「ノッコちゃん、”Conclusion” ていうのはね、自分なりの答えを出すことだよ。色んなデータや経験を基にして自分なりの答えを出すの。例えば、ある科学者が最初に“きっと地球は丸いに違いない”と思って色々調べるでしょ。そしてその結果、やっぱり丸いんだって分かったら、それがその科学者の “conclusion”なんだよ。」

私がこんな風に説明している間、ノッコはたいてい近くにあるものをいじったり、窓の外を見たりしてほとんど聞いていなかった。

私の話すことは、ノッコには全然響いていなかった。

どうせ私の言っていることを少しも理解していないのなら、一生懸命理解させようとする必要はないんじゃないか。

やってもやらなくてもノッコは伸びないのなら、やらなくてもいいんじゃないか。

だんだんとそんな風に思うようになっていった。

そして宿題をやるたびに、

「どうして毎日勉強しなくちゃいけないのー!」

「ノッコやりたくない! もうやらない!」

そう叫びながら、鉛筆をボキボキ折ったり、ノートをぐしゃぐしゃにしているノッコに付き合うのも、ほとほと疲れてしまった。

以前はそれでもなんとか宿題を終わらせようとなだめすかしていたけれど、その頃はもうどうでもいいような気がして、

「オーケー、じゃあいいよ。もうやらなくていいから遊んでおいで。」

と言ってしまうのだった。

すると喜んで遊び始めるノッコを見ては、それはそれでまたイラついてみたり がっかりしてみたり。

ノッコの勉強のことはもうどうでもいい。

そう思えたらどんなに楽か。

なのにどうしてもノッコの勉強を気にかけてしまう自分にイライラしては、更に落ち込むということを繰り返していた。

そんな毎日を過ごす中で、私は少しずつ自分の本当の気持ちに気づき始めてしまった。

それは、自分が子供を愛おしいと思う条件の中で、「頭がいい」という点がどれくらい大切だったかということだった。

私は、自分の子供は頭のいい子であって欲しかった。

私たちがノッコを迎えた時、例え遺伝子で繋がっていなくても、私とジョンが育てればきっと頭のいい子になるのだと信じていた。

それは「成績がいい」という頭のよさではなく、「飲み込みが早い」とか「分析する力がある」などの頭のよさ。

それさえ備えていれば、運動ができなくても、音楽の才能がなくても、少しぐらい性格が悪くったって私はその子に満足できたような気がした。

その子をもっと愛せるような気がした。

それくらい「頭がいい」というクオリティーは、私にとって欠かせないものだったのだ。

だから「勉強ができなくても、何か他に得意なことがあればいい」とか「勉強ができなくてもお友達が多ければいい」などという慰めは、自分やノッコの気持ちを楽にするために無理して言っていただけで、けして自分の本当の気持ちではなかった。

そんな「ごまかし」をこのブログに書いたり、お友達に話したりしていたけれど、本当は心の中でいつだって「頭のいい子であって欲しかった」という思いを捨てきれずにいた。

勉強さえできれば他のことはその次でいいと思っていた。

勉強ができることだけが、本当の意味で私を幸せにし、この子が愛おしくて堪らないと思わせる一番の要素だった。

だから、10ドルを二人で割ったら5ドルだということも分からないノッコは、私を満足させられる子供ではなかった。

未だに曜日も分からない、時計も読めないノッコ。

スペルミスのせいで何が書いてあるのか全然分からない文章を書くノッコ。

そんなノッコに私が満足する事はどうしてもできなかった。

これからノッコの頭が急によくなるとはとても思えない。

ということは、これからもずっと遅れ続けていくノッコを私が必死でサポートしていかないといけないんだ。

そう思うと、どうしようもない倦怠感と絶望感に襲われるのだった。

(自分の子供は頭のいい子であって欲しかった。)

そう思う気持ちは、どんなにごまかそうとしても事実として私の中に存在した。

だから、

もうきれい事を言ってごまかすのではなく、この事実を自分の中でしっかり受け止め、その上で勉強のできないノッコとどうつきあっていくか。

その事を真剣に考えるところから始めてみようと心に決めた。



にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村



sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。