FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノッコが羨ましい


*今日はちょっと日本滞在のお話はお休みです。


昨日ノッコがお夕飯の後に、「これ分かんなーい」と言って算数の宿題を持って来た。

見ると時計の読み方の練習だった。

「いいよ、じゃあ教えてあげるよ。」

そういって私はノッコの横に座った。

そして「これは〜時」、「これは〜時」という練習しているうちに、以前買った時計のおもちゃのことを思い出したので、それを使って時計の1、2、3が5分、10分であることも説明した。

けれどノッコはそのコンセプトがよく分かっていないようだった。

12:05 をすぐ 「12時1分」と言ったり、7:30を 「8時半」と言ったりしてしまう。

「ちがうよ、ノッコちゃん、短い針が数字の真ん中にある時は、小さい方の数をいうのね。今は短い針が7と8の間にあるから、8時半じゃなくて7時半なの。」

「でも、もう7時じゃないよ。」

「うん、でも7時を過ぎたよね。そしてまだ8時じゃないよね。」

「分かんなーい!!!!!」

そうやって足をバタバタさせ始めた。

ふーっ、、。

一年生の時も、日本語学校でも時間の勉強はやったんだけどなー。

それにノッコの部屋に時計を買って、毎日「ほら7時だよ、起きよう」、「ほら8時半だよ、寝よう。」とやってるんだけどなー。

あんまりにも飲み込みの悪いノッコに次第にイライラしてきた私は、

「いいよ、今日はこれくらいにしとこう」

そう言ってその後はまた明日やることにした。

                          ◇

ノッコはもう8歳で本当は3年生なんだけれど、未だに時間が読めない。

今 何時なのか、何時に学校が始まるのか、あと何時間で寝る時間なのか、何も分かっていない。

同様に1週間が何日なのかも分かっていない。

月曜日の次は何曜日か、何曜日にピアノのレッスンがあるのか分かっていない。

だから当然、1ヶ月は何日あるのか、一年は何ヶ月あるのかなども分かっていない。

実は私はこのことでずっと悩んでいる。

だって何曜日に何の予定が入っているのかが分かっていないため 、アフタースクールバスに乗り遅れたり、習い事をすっぽかしたりしてしまうことが時々あるから。(実は昨日も3時ごろ学校の先生から「ノッコちゃんがママが迎えに来ていないと言っていますが」と電話があった。火曜日だからアフタースクールがあるよってあれほど言っておいたのに、、、)

「週末にプールに行くよ」

私がそう言うと、「週末」がいつなのか分かっていないノッコは、すぐにプールの準備にとりかかる。

「違うよノッコちゃん、行くのは日曜日。」

「明日?」

「違うよ。今日は水曜日だから、木曜日と金曜日、土曜日が来てその次の日。日本語学校の次の日だよ。」

「そんなに待てないー!」

そうやって愚図るノッコを見る度に私は、「ふーっ」とため息をついてしまう。

そして(こんなことで社会に出ていけるのかしら、、、)と不安になる。



けれど、

実はそんなノッコが時々羨ましくなったりすることもある。

私は小さい頃から時間の無駄遣いが嫌いで、いつもいつも時計と睨めっこしながら物事を進める習慣を身につけていた。

けれど「何時までにこれをやろう」と決めても、実際その時間内にやることが終わる訳ではなく、時間内に終わらない自分にイライラすることが多い。

だから四六時中 時間に追われている気がして少しもリラックスできない。

更に他人が待ち合わせに遅れたり、時間内に用事を済ませてくれなくてもイライラしてしまう。

だから子供達にも「早く!」を一日100回以上言ってしまう。

時間が無いわけじゃないのに、いつもいつも必要以上に自分を時間でぐるぐる巻きにして身動きできないようにしてしまう。

そしてそんな自分の性格に、いつも自分自身が疲れているのだ。


けれどノッコは、そんな私とは全く逆の生活を送っている。

何時に起きなきゃ

何時までに学校に行かなきゃ

何日までに宿題を提出しなきゃ

そんな時間の拘束から全く解放されているノッコは、いつだって「今」を楽しむ事だけに集中している。

今 何時なのか、

あとどのくらい遊んでいいのか、

明日早いから、早く寝なくちゃ。

そんなを心配を一切しないノッコは、遊べる時には後先を考えず全身全霊をかけて遊ぶ。


こんな風に時間の拘束を気にしないノッコの生活って、

本当はものすごく羨ましいことなんじゃないか。

彼女のように時間を忘れて生きられたらどんなにいいだろう、、、。

彼女を見ていてそんな風に思う事がある。



「自由奔放」をそのまま身につけて生きているようなノッコ。

彼女の辞書には「ほどほど」という言葉は存在しない。

いつだって「今」の自分を精一杯生きている。

生きるエネルギーに満ち溢れているノッコがとてもキラキラしてるから、

例え今は彼女が時間が読めないとしても

それはそれでいいのかもしれない、と思ったりする。



にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

さわこさんこんにちは!お久しぶりです!!いつも読んでますよー!
ちょっと話がズレてしまうかもしれないのですが、知り合いのママさんがお子さんに曜日の感覚を教えるために手作りの日めくりカレンダーを作っていました。
朝必ず子どもと日めくりをするんです。
たとえば、今日が金曜でピアノの日なら、ピアノを弾く子どもの写真などを貼ったり、日曜プールならプールで泳ぐ写真を貼ったりして。
子どもは視覚的な情報の方が覚えやすいですから、(手間はかかりますけど)良い方法だな!と思った覚えがあります!
もう1つ、時計を覚えるのに視覚的に有効なものを見たことがあります。
時計の真ん中から数字に向かって真っ直ぐ線を引いて、その間をいろんな色で塗りつぶすんです。
たとえば1時から2時は赤、のような感じですかね。さらにそこにlunchとかnapとか書いて、「赤は1時だよ、lunchの時間だね」などと教えていく方法です。
これはたぶんアメリカのママさんがやってたような…?
効果あるかわからないですが、この手作り感が素晴らしいなと思いました。
私もノッコちゃんが羨ましいというか、単純に可愛いなぁと思ってしまいます。
いつも素直で、全力で生きているんですね。

Re: お久しぶりです

けいさん、

お久しぶりです!メールありがとうございました。
日めくりのカレンダーいいですね!
私もノッコの算数の勉強には結構色々工夫していて、ゲームなどを取り入れているのですが、日めくりのカレンダーは思いつきませんでした。(アメリカにではあまり見かけない気がします)

確かに毎日一枚ずつ破っていくだけでも楽しいのに、その日の予定に関する絵が描いてあると更に嬉しいですね。

ノッコは特にビジュアルで覚えるのが好きなので、時計を色で塗っておくやり方も役立ちそうです。
だいたい何時頃に何があるのかをぼんやりとでも把握してくれると助かります!
コンセプトではなく、ビジュアルで「ああ、赤の時間帯はランチだったな」なんて覚えてくれると嬉しいです。

とっても役に立つアドバイスをありがとうございました!

日めくりカレンダーにもう一票

さわこさんこんにちは( ^ω^ )
日本帰省編も楽しく読ませて頂いてます

時間や曜日感覚を教えるのは大変ですよね〜!
私自身は保育園で日めくりカレンダーを毎朝先生がめくってくれて曜日ごとに色が違っていて覚えることができました
なので、けいさんの案に私も一票入れさせて頂きます(^ν^)
しかし、本当にのっこちゃんとさわこさん真逆の部分がありますよねー!
謙虚で他者に感情移入できる優しさはそっくりだなとは思いますが
きっと真逆の部分があるぶんお互いにぶつかることもあるかも知れませんがのっこちゃんにとってもさわこさんにとってもお互いの存在はより素敵な人間なるための素晴らしいギフトなのかなと思いました。
自分語りになりますが、我が家の長女も私とは真逆の性格です笑
うるさくて気が強い私とおっとりでマイペースだけど本当に優しい長女。
のんびり屋の長女にイライラすることも多いけれど教わることも本当に多いです。
娘にはママも完璧天才人間じゃないからママが間違っていたら娘ちゃんが先生になってね、とお願いしてます。
私が旦那に言いすぎた時や下の子をキツく叱りすぎた時、そして長女を叱りすぎた時も長女は今のは怒りすぎ!娘ちゃんみたいに優しくなりたいならそんなに怒らないで、と注意してくれます笑笑
情けない母親かもしれませんが間違えちゃうことも多い私には娘に教えてもらえるのがありがたいです
お互いに子供に色々なことに気付かされつつ子供たちの成長を見守っていきましょう(*´ω`*)

Re: 日めくりカレンダーにもう一票


りんさん、

お久しぶりです!
りんさんも日めくりカレンダーが好きだったのですね。
私も確か小さい頃は時々めくるのを楽しんでいた思い出があります。

ただ、今アマゾンで調べてみたんですが、やはりアメリカではあまり日めくりカレンダーは使わないようで売っていませんでした。
けいさんの言う通り手作りで作れるようにがんばってみようと思います。

我が家同様、りんさんのお嬢さんもりんさんとはだいぶ違う性格なんですね。
私とノッコは本当に全てが正反対の性格のようで、そのために戸惑うことやイライラすることはとても多いです。
おっとりしていてマイペースなりんさんのお嬢さんが羨ましい!

でもりんさんのおっしゃる通り、性格が全然違うからこそ学ぶことも多いですよね。
私もノッコの何事も恐れない性格や、後先考えずに思いっきり今を楽しもうとするところがとてもいいなと思います。
私はとても慎重派でいつも時間のことばかり気にしているので、ノッコから「物事を楽しむということ」をよく学びます。
りんさんのお嬢さんは本当にやさしくて、時々お母さんを注意できるなんてすばらしいと思います。
娘から言われるからこそ心に響くことってよくありますよね。

私も欠点が多いので、ノッコや風太が大きくなるにつれて子供達から注意されることが増えていくのかもしれません(焦!)

お互い子供達からも学びながら子育てがんばっていきましょうね!
sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。