FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風太の幼稚園へ挨拶に行く

日本帰国の二日目。

前の晩9時ごろ寝に着いた子供達は朝の5時ごろまでぐっすり眠ってくれたので、次の日は二人とも比較的元気で、どこに行っても何をしても興奮しっぱなしだった。

3年前の滞在の時の経験から、高齢の両親には子供達をみててもらうことも料理を作ってもらうことも期待できないということが分かっていたので、今回は私が毎日料理することに決めていた。

けれど前回の記事で書いたように、とにかく家の中に食べ物が何もない!

野菜やお肉がないだけでなく、「ほんだし」「コショウ」などの調味料や「みりん」や「ゴマ油」もなかったので、何の料理も作れない状態だった。

なので午前中は父の運転でスーパーにみんなで買い出しに出かけた。

スーパーに入った途端、子供達が「あーーー!」と言って走り寄って行ったものがあった。

それはお決まりの、

ガチャガチャー!

アメリカにはないバラエティ豊富なガチャガチャに興奮した二人は、おじいちゃんにねだって一回ずつやらせてもらって大喜びだった。

そしてさらにその奥にあったゲームセンターに大興奮。

おじいちゃんの手を引っ張って、そのゲームセンターまで走って行ってしまった。

その隙に私は久しぶりの日本のスーパーを満喫することに。

それにしても皆さん、

日本のスーパーは、

世界に誇れます!!!!

アメリカのスーパーは確かに大きい。

けれど食べ物のバラエティは、実はそんなに多くない。

それと比べると日本のスーパーは、小さいながらも食べ物の種類が本当に豊富!

豆腐のとなりにしらたき、そのとなりにおでんの具、その横にキムチとか。

全然違う種類の食べ物が無駄なスペースなく置いてある。

そしてお刺身コーナー、お惣菜コーナーもすばらしいし、

なんといってもベーカーリーは涙もの。

日本の菓子パンおいしすぎです!

ノッコと風太もすぐに日本のパンの中毒になってしまった!

日本のスーパーでは二時間でも三時間でもすごしていたかったけれど、ノッコたちに手を焼いた父親が戻ってきたので、とりあえず当面必要なものだけを買って帰ってきた。



そして午後は風太の幼稚園へ挨拶に行った。

風太の通う幼稚園はノッコが通う小学校の一階にあったので、できれば幼稚園と小学校の挨拶を同じ日にしたかったのだけれど、ノッコの方は金曜日にして欲しいということだったので、その日は風太の方だけ済ませることにした。

幼稚園に着くと、園長先生と副園長先生が揃って迎えてくれた。

「風太くん、こんにちは!」

先生たちがそう挨拶してくれたのに、風太は恥ずかしがってなかなか挨拶ができなかった。

「あらっ、風太君、こんにちは は?」

私がそう促すと、ようやく小さな声で

「こんにちは」と言った。

そのあと先生たちの方から注意点や揃えて欲しいものなどの説明があり、その間風太は持ってきたおもちゃで静かに遊んでいた。

「風太君はずいぶんと大人しいんですね。」

風太の正体を知らない先生は、風太からそんな印象を受けたようだった。

先生は「1ヶ月という短い期間ですから、そんなに色々揃えなくてもいいですよ。」と言ってくださり、幼稚園のカバンと帽子を貸してくださった。

そしてそのあと風太の担任になる先生二人を紹介してくださった。

風太の担任は、私の描いていた幼稚園の先生そのものという感じのかわいらしい先生達だった。

カラフルな教室、小さなテーブルと椅子、やさしそうな先生達。

私はもう、風太の幼稚園通いが楽しみで楽しみで仕方なくなってしまった。

風太もその幼稚園が気に入ったようで、帰り道に「行ってみたい」と言ってくれた。

とは言え、やはり知らない幼稚園への挨拶で緊張していたのか、それとも時差ぼけがまだ取れなかったのか、風太は4時ごろ家に帰るとそのままぐっすりと眠ってしまった。

そしてお夕飯の時間になったので「風太君、ほら、お夕飯の時間だよ。」と風太を起こすと、風太は、

「耳が痛い」

と泣き出した。


つづく



にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。