FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく日本に着いてみたら

ちょっと間が空いてしまいましたが、カナダ経由で旅行する人のために、あと二つほどお知らせしておきたいことがあります。

1)これは友人のあつこさんに聞いた話なのですが、彼女が子供二人を連れてカナダ経由で日本に行こうとした際に、旦那さんの許可なしに子供達をアメリカ国外に連れて行こうとしていると疑われ(離婚協議中の夫婦にあり得る話)、取調室で2時間も待たされて大変だったと言っていました。なので、カナダ経由で旅行するひとは、旦那さんに一筆かいてもらうといいかもしれません。私が調べたところでは、Recommended Consent Letter for Children Travelling Abroad なるものがすでに存在していたので、それをジョンに書いてもらい、パスポートと一緒に持って行きました。これで準備万端だと思っていたら、eTAの方が大切でこの書類は特に聞かれませんでしたが、、。でも念のため、旦那さんが日本人以外の方はRecommended Consent Letter for Children Travelling Abroadを持参することをお勧めします。

2)私が1回目にeTAの取得に失敗した原因はクレジットカードでした。最初に入力した時は地元の銀行のカードを使ったのですが、のちにトロント空港でもこのカードは「decline」と出て使えなかったので、それが原因だったのだと分かりました。eTAの申請をする時は、ChaseやCiti Bankなどの大きな銀行のカードを使った方がいいかもしれません。

それでは、短いですが日本に着いた日のお話です。

                        ◇

ハプニングだらけだった出だしとは裏腹に、トロント空港に着いてからの過程は至ってスムーズなもので、12時間に及ぶ飛行も成田空港に着いてからも何の問題も起こらなかった。

成田空港に着くと姉と姉の旦那さんが迎えに来てくれていた。

前回の帰国では、長いフライトの後に空港近くのホテルに一泊しなければならなかったので、それに比べると車でのお迎えは本当に楽だった。

そのまま甥と姪を学校まで迎えに行き、彼らを乗せてみんなで両親の住む家に向かった。

去年の夏に会ったばかりだったせいかノッコも風太も甥と姪にべったりで、車の中でも二人の隣に座りたがった。

そしてしばらくの渋滞を経て実家に到着。

久しぶりの実家は相変わらずで、父も母も歳は取っていたけれど以前と同じように元気だった。

「おう、よく来たな。」

父親のうれしそうな顔。

「あら、あら、あら、あら、ノッコちゃん、風太くん、いらっしゃい。」

母親もうれしそう。

でもノッコと風太は、久しぶりに会ったおじいちゃんとおばあちゃんの前で緊張してしまったのか、常に二人を避けて姪と甥とばかりベタベタしていた。

その日成田空港に着いたのが3時半。

それから姪たちを迎えに行き渋滞にはまったので、実家に着いたのは6時近くだった。

母には6時ごろ着くと伝えてあったし、当然晩ごはんの準備をしてあるのだろうと思っていたら、まさかの

「さわちゃん、晩ごはんはどうする?」の一言。

「えー、準備してないのー?」

「うん、、外にでも食べに行こうかと思って。」

「今着いたばかりで、これからまた出かけるのはキツイなー。子供達もかなり疲れてるし。」

「じゃあ、何か買ってくる?」

母がそう言うと、姉が

「いいよ、じゃあ、これからコストコに行ってお寿司でも買ってくるよ。」

「えっ? コストコがこの近くにあるの?」

「うん、車で20分ぐらい。」

「じゃあ、私たちも連れて行って。子供達に大量のシリアルを買いたいと思ってたんだ。」

「いいよ。」

ということで、子供達を連れて私たちはコストコへ向かった。

コストコへ向かう前に実家の冷蔵庫に何があるのかチェックしてみると、みごとなまでに何も入っていなかった!

二人は一体どんな生活をしているのだろうと思うくらい家の中に食べ物が何もなく、私は本当に驚いてしまった。

結局コストコで大量のお寿司とシリアル、その他の食べ物を買い込み家に帰ってみんなでそれを食べた。

両親がその分のお金を全て出してくれたけれど、子連れで20時間もかけてアメリカから来たというのに、きっと疲れているだろうから何か用意しておこうと考えなかった母の気持ちが私には理解できなかった。

それとも歳をとりすぎて、そんなことをする気力もなかったのか。

ただ晩ごはんが遅くなったことで、逆によかったなと思うこともあった。

それは子供達がお布団に入る時間が遅くなったので、初日から割とすぐに時差ぼけが取れてしまったことだった。

ずっと夢見ていた「ママと3人でお布団で寝る」という夢がようやく叶って、子供達はとってもうれしそうだった。

私も「ようやく着いたんだ」とう安堵感で、その晩はぐっすり眠ることができた。


つづく


にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

無事日本に来られたとのこと、なによりです!
料理ね…でも、悩みますよ、大人数の用意だと、ご高齢のお母様も大変でしょう…。いくら孫がわざわざアメリカから来たとはいえね。
結果、コストコでお買い物し楽しかったようなので良かったですね!

「当然こうしてもらえると思ってた」が、通じない相手っていますよね。あらかじめ、言っておかないといけませんね。空気を読めない日本人として、思いました笑

ではでは、日本楽しんでくださいませ!

Re: こんにちは


タバさん、

コメントありがとうございました!
お返事が遅くなってすみません。

そうなんですね。
タバさんの言う通り、うちの母は何でもはっきりと言っておかないと分からないんだということにそのあと気づきました。
以前からそういうところはありましたが、年をとってそれが更にひどくなったようです。

もう80近いんですから、以前のように色々なことを気軽に頼めないんだな、頼んじゃいけないんだなと思うようになりました。

日本での様子を書きたい書きたいと思うつつ、毎日があまりにも忙しくて全然書けません。
だからもう焦って書こうとするのはやめました。

これからはだいぶゆっくりめの更新になりますが、ひきつづきご訪問いただけるとうれしいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。