FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一組の養家族とランチ

* これは昨日の続きで、去年の夏頃のお話です。

風太と(ノッコの)承諾を得られたので、私はエージェンシーの人に私のメールアドレスをそのカップルに渡してもらえるようお願いした。

すると二日ぐらいして、そのカップルからすぐにメールが届いた。

はじめまして、

エージェンシーの方からアドレスをいただいたのでメールをしています。私の名前はデビーです。風太君の産みのお母さんの〇〇さんが生んだ赤ちゃんと縁組をして今主人と育てています。赤ちゃんは今3ヶ月で名前はジューンです。目のクリクリとしたとてもかわいい赤ちゃんです。ジューンには3歳になるルビーというお姉ちゃんがいます。

もしもさわこたちの都合があえば、ぜひ一度お会いしたいと思っています。

ご都合の方を教えてください。

デビー


というような内容だった。

そしてジューンを交えた家族四人の写真が添付されていた。

そこにはやさしそうな白人の旦那さんと、ちょっとコロコロとした黒人のデビー、笑顔のとってもかわいいルビー、そして風太と同じ目をしたジューンの姿があった。

ジューンは風太と同じまんまるの顔をしていたけれど、髪の毛は赤毛だった。風太を養子にもらった時、ソーシャルワーカーの人から産みのお母さんは赤毛だったと聞いていたので、きっとジューンはお母さんの髪の色を受け継いだのだろうと思った。

デビー家族は本当に幸せそうで、見ているとほのぼのしてくるような写真だった。

風太の妹がそんな素敵な家族に引き取られたことが、私にとってもとてもうれしかった。

ジョンと相談して数週間後の週末にデビー家族と一緒にランチをすることにした。

デビーたちは私たちの所から一時間ぐらい離れたところに住んでいたのだけれど、ぜひこの街に遊びに来たいと言っていたので、うちの近くのプレイグラウンドがあるレストランで会うことにした。

けれどそのレストランを予約しようとしたところ、あいにく八月末まで改装工事中でお休みだったので、色々悩んだあげく家に招待することにした。

なぜ家に呼ぶことを躊躇したかというと、ノッコと風太の野生児度が家だと倍増するからだった。

プレイグランドがあればそこで仲良く遊べるのだけれど、家にいるとノッコと風太はすぐにけんかするし、ノッコの癇癪も起こりやすい。

これからお付き合いを続けたいデビー家族を、初対面でビックリさせてしまうことはできるだけ避けたかった。

けれどジョンが「子供達にはビデオを観せておけば大丈夫じゃない?」と言うし、デビーたちにとっても家で食事をした方が赤ちゃんのおむつ換えなどが便利だと思ったので、やはり家に招待することにした。

その旨をデビーに伝えると、

「家だと落ち着いてお話ができるわ。すごくうれしい」と言ってくれた。

そうして私は、自分のカレンダーに彼らとのランチの予定を書き込んだ。

ジューンに会えるのを楽しみにしながら。


つづく



にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。