FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風太の気持ち

*これは前回の記事のつづきで、去年の夏頃のお話です。


風太の妹を引き取ったカップルが私たちに会いたがっているというメールをもらった日、私とジョンはそのことを風太に伝えてみることにした。

その晩、家族でお夕飯を食べている時、

「そうだ風太、今日珍しい人からメールが来たんだよ。」と切り出してみた。

「グランマ?」

と風太らしい返事。

「ううん、風太の縁組の時、お世話になったエージェンシーの人。」

「知らない。」

「そうだよね、風太はまだ赤ちゃんだったから覚えてないよね。ノッコちゃんは覚えてる?」

「覚えてない。」

「そっかぁ。すっごくお世話になったんだけどな。それでその人が教えてくれたんだけどね、最近風太の産みのお母さんが赤ちゃんを産んだんだって。風太君に妹ができたんだよ。」

「えーっ! やったぁーーーーー!」

と興奮気味に返事をしたのは、

風太ではなく、

ノッコだった。

「すごーい! 風太の産みのお母さん赤ちゃん産んだの? ノッコ会いたーい!その赤ちゃんに会いたーい! ねえ、いつ会えるの? 明日?」

テーブルの上に身体を乗り出して訊くノッコ。

それに比べて妙に落ち着いた様子の風太は、

「でもジェシカ死んじゃったもん」と言った。

「違うよー! ジェシカは私の産みのお母さん。風太の産みのお母さんは別にいるんだよ。そうだよね、パパ?」

「そうだよ。でも風太の産みのお母さんはパパもママも会ったことがないんだけどね。」

「でも赤ちゃんに会う時、産みのお母さんにも会えるんでしょ?」

ノッコが訊いた。

「それがね、その赤ちゃんも別のカップルに引き取られたんだって。ノッコや風太がパパとママに引き取られたように。それでそのカップルが風太にその赤ちゃんを見せたいんだってよ。」

「行く〜行くー! ノッコその赤ちゃんにミルクあげたいー!」

「あはは、その赤ちゃんの新しいママがいいって言ったらね。」

「イエーイ!」

ジョンは風太に視線を移し、

「風太はどうだ? その赤ちゃんに会ってみたいかい?」

「、、、、、」

風太はどう返事したらいいのか分からない様子で、恥ずかしそうに笑っているだけだった。

「もちろん風太も会いたいよね!ノッコと一緒にミルクあげようよ!ねっ?」

思いっきり興奮しているノッコの勢いに押される形で、風太も最後に「うん」と言った。

「本当に会ってみたいの、風太?」

「うん。」

「そう、よかった。本当はパパもママもその赤ちゃんに会ってみたかったのよ。みんなでうーんと楽しい事して遊ぼうね。」

「うん!」

風太は普段からノッコに比べてあまり縁組や産みのお母さんについて話したがらない方だった。

ママにべったりの風太には、もう一人知らないお母さんがいるというのはあまり喜ばしいことでもなかったし、ノッコの産みのお母さんと自分の産みのお母さんが違うということも彼にとっては残念なことの一つのようだった。

だから今回の妹との対面をきっかけに、風太とも気軽にアダプションや産みのお母さんについて話せるようになるといいなと思っていた。

                        ◇

その日の晩、いつものようにベッドの中で風太に読み聞かせをしてあげていると、ふいに風太が、

「I love mama, papa, and Nokko」と言った。

それを聞いてうれしくなった私は、

「I love you too」と言った。

すると風太は甘えるように自分のほっぺを私の肩に押し付けてきた。

そんな風太を見ながら、なんとなく風太の様子がいつもと違うような気がした。

風太は普段から私やジョンに「I love you」と言う事はあったけれど、今みたいに家族全員の名前を並べて「大好き」と言った事はなかった。

そう考えた時、

(もしかして風太は、異父の妹と会った時にそのまま産みのお母さんに引き取られるんじゃないか、私たち家族がバラバラになってしまうんじゃないか、という不安を漠然と抱えているのかもしれない)と思った。

そこで

「ねえ風太、風太はママの子供だよね?」と風太に訊いた。

「うん」

「そうだね。パパとママとノッコと風太は家族だね。」

「うん」

「私たちは何があってもずっと家族だね。そのことを風太はずっと忘れないで。」

「うん」

そう返事してから風太はもう一度

「I love mama」と言った。



にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。