FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風太に異父の妹が

* これは前回の続きで、去年の夏頃のお話です。


養子縁組のエジェンシーの人から来たメールを読んだ後、私は早速ジョンに電話してみた。

その話を聞いたジョンは、私と同じようにとても驚いたようだった。

「そうかあ、風太に異父兄弟ができたのかぁ」

と、イマイチ実感が湧かない様子。

このブログを長くご覧の方はご存知のように、風太の縁組はノッコのと違ってclosed だったので、私たちは風太の産みのお母さんに会ったことがなかったし、彼女に関する情報もほとんど知らされていなかった。

風太の縁組のお話はこちら

ゆえに私たちの中で風太に血を分けた家族がいるという感覚が薄く、いつも彼は「親も兄弟もいない一人の独立した存在」という感じがしていた。

だからそんな風太に兄弟ができたと聞いても、すぐにはピンとこないのだった。

「風太の妹を引き取ったカップルが私たちに会いたいって。 どうする?」

「さわこはどうしたいの?」

「私はできれば会いたいと思うんだ。ほら、私たちだって以前ノッコの異父兄弟と連絡を取ろうとしたことがあったじゃない。私は基本的に異父兄弟同士が交流を持つことはいいことだと思ってる。風太にとってその赤ちゃんは大切な妹だし、そのカップルと交流を持つことは二人の成長にとってもプラスになることだと思うんだ。」

*まだ記憶されている方もいるかもしれないが、私は以前ジェシカが産んだ男の子を引き取った家族と交流を持とうとして断られた(無視された)という経験がある。

その時の記事はこちら

その時はひどくショックだったの、今回こうしてせっかく向こうから手を伸ばしてくれているのだから、それを喜んで受けたいという思いが強かった。

「そうだね。僕も会ってみたいと思うよ。でも問題は、風太が今回のことをどう受け止めるかということだよね。」

「そうなんだよね。まだ4才になったばかりだし、4才じゃ混乱するよね。」

「うん、風太は自分の兄弟はノッコだけだと思ってるからね、そこへ急に妹ができたって言っても分からないだろうね。」

「じゃあ、もう一度風太に産みのお母さんの話をしっかりしてみて、それでも妹に会いたいかどうか訊いてみる?」

「そうだね、それで会いたいって言ったら、そのカップルに連絡してみることにしようか。」

「じゃあ、子供達が学校から帰ってきたら 話してみる?」

「そうだね、じゃあ。」

ガチャン。

ということで私たちはその晩、風太とノッコが学校から帰ってきたら二人に今回の話をしてみて、風太の反応次第でどうするか決めることにした。

つづく

にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。