FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の自慰行為について調べてみると

* これは、昨日の記事のつづきです。


その日家に帰ってから私は、ノッコに聞こえないようにジョンに学校であったことを話した。

ジョンはそれを聞いて笑っていたけれど、私にはとても笑い事では済まされない問題だった。

ノッコが自慰行為をしているのを見たのはその日が初めてだったけれど、私はそれに対して嫌悪感に似た感覚を抱いていた。

もうすぐ7歳だというのに精神年齢はまだ5歳児のように幼く、キャンディを見ると飛び跳ねるようなノッコが、急に知らない子供になってしまったような気がした。

まだこんなに小さいのに、そんなことに快感を覚えているノッコを「いやらしい」とさえ思ってしまった。

そんなふうにノッコを見るべきじゃないと頭では分かっていても、感情がどうしてもついていかなかった。

ノッコが自慰行為をしているところなどもう二度と見たくなかったし、それをイメージすることさえも嫌だった。

ノッコにはまだまだ「女の子のまま」でいて欲しいのに、私の知らないところで少しずつ「女」になってしまうノッコ。

私の知っているノッコがノッコでなくなっていくようで、それが私にはとても怖かった。


でももうそれはすでに起きていることで、それを無理やり阻止することはできないのだった。

ノッコの態度から、きっと彼女も頭では人前で触ってはいけないことは分かっているのだと思った。

けれど触るのが癖のようになってしまっているようだった。

癖になっているとなると、貧乏ゆすりや爪噛みと同じようにやめさせるのは難しいだろうと思った。

やめさせるどころか、逆にもっともっとエスカレートしていくのだろうと思えた。

日本語の授業中にだけしてしまうということは、きっと日本語ができないストレスとも関係があるのかなとも思われた。

ここで私は初めて子供の自慰行為について調べてみることにした。



Googleで「子供の自慰行為」とタイプしてみると、、、

驚いたことに、出てくる、出てくる、私と同じような悩みを抱えたお母さんたちの投稿が!

—5歳の娘が幼稚園で自慰行為をしているようです。どうしたらいいでしょうか?

—4歳の娘がときどきテーブルの角にあそこを当ててハアハアしています。これは自慰行為なのでしょうか?

—ときどき娘が顔を赤くしながら足をもじもじしています。そのあと汗ビッチョリになってぐったりしてしまうのですが、これは自慰行為ですか? まだ3歳なのに普通のことなのでしょうか?


これらの相談内容を読んでいるうちに、私は自分の心が少しずつ落ち着いてくるのを感じた。

(ノッコだけじゃない。幼児の自慰行為は思ったよりよくあることなんだ。)

この情報が、どれくらい私の気持ちを楽にしてくれたことか。

そしてその下にある専門家のアドバイスを読んでみると、子供の自慰行為は大人のマスターベーションとは違うと書いてあった。

子供達は大人のようにその行為がセックスに繋がってるとは思っていないし、耳かきをして気持ちいいのと似たような感覚でしているだけなので、それを頭から叱りつけるのはよくないと書いてあった。

最初の自慰行為で「なんてことしてるの! やめなさい!」と親から怒られた子供は、性に関する全てが「叱られるようなこと」「いけないこと」と理解してしまうので、そのあと性に対してネガティブで歪んだ考えを持ってしまうケースがあるそうだ。

それを避けるためには、「自慰行為は自然なことだけど、人前でしてはいけない」と教えるのがいいと書いてあった。

そして他のお母さんたちの対処法を読むと、

「触ってもいいけど、汚いお手てで触るとバイキンが入るから気をつけて」とか「あまり触りすぎると痛くなっちゃうから、触りすぎないほうがいい」と言うようにしていたと書いてあった。

けれどどんな声掛けをしても子供達がすぐにやめたという例はあまりなく、逆にもっと頻繁になったり、どんどんエスカレートするケースが多かった。

なので結局みな、

「自分自身が恥ずかしい行為だということに気づいてやめるのを待つしかない」という結論に至ったようだ。

それらの情報やアドバイスを読んで、私も以前より落ち着いてこの問題について考える事ができるようになった。

私も最初からノッコに無理やり自慰行為をやめせようとは思っていなかった。

ただ公共の場でやるのだけはやめて欲しいと思っただけだった。

とくに日本語の授業中。

机の上にぬいぐるみを置く方法が役立たないとすると、他にどんな方法があるのか。

私はそれについていろいろと考えを巡らせてみた。


つづく



にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村





コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title


鍵コメさん、

コメントをありがとうございました。
鍵コメさんからのコメントを読みながら「この人は本当に鋭いひとだなぁ」と思ってしまいました。

そうなんです。ノッコは感受性が強すぎるタイプで人よりも刺激を受けやすく、そのため刺激あるものに惹かれる傾向も普通の人より多いんです。例えば7歳になったノッコは今でも赤ちゃんのように色んなものをすぐ口に入れてしまい、気がつくとぬいぐるみの足をチュウチュー吸っていたり、プラスチックのおもちゃを口の中でコロコロさせていることがよくあるんです。口の中に何かが入っていると落ち着くみたいです。今回の自慰行為も、その延長のような感じなのかもしれないなと思っています。ちょっと現実逃避に似ているような。

そしてこういう傾向があるため、何かに依存しやすいというのも本当にその通りです。ビデオやゲームなどのビジュアル系はまさにその「何か」で、一日中やっていてもきっと飽きないのだろうなと思います。だからもう少し大きくなって携帯を持つようになったら、スマホ中毒になるのは今から予想がついています。

>のっこちゃんはまだ小さいですし、今回の自慰行為以外にもこれから様々な刺激が強いものと接する機会がでてくると思います。そういった物とどううまく付き合うか親御さんはサポートしていく必要があるかもしれませんね。

本当にその通りだと思っています。

そして二つ目の点ですが、それについては全く考えていませんでした。
そうですね、自慰行為をしていない時のノッコはどうなのかもう少し検証してみたら、どうしてノッコが日本語のクラスでだけ自慰行為をしてしまったのかが分かるかもしれませんね。
どんな癖でも、それが顕著に出てしまう時と抑えられている時とがあるので、ノッコが自慰行為を抑えられているのはどういう時なのかもっと注意して見てみようと思います。

普段からお子さんたちと接していらっしゃる鍵コメさんのコメントはいつもとても参考になります。

本当にありがとうございまいました。

今後もお仕事がんばってくださいね。

sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。