FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6歳児の自慰行為

* これは昨日の記事のつづきです。


ノッコはその日まで、家でそんな行為をしたことは一度もなかった。

少なくとも私の知る限りでは。

宿題を見てあげている時などに、じっとしていられないノッコはよく立ったり座ったり、背中やお腹をボリボリ掻いたり、服を脱ぎだしたりすることはあった。

けれど変なところを触ったりすることは一度もなかった。

そんな気配さえも見せたことはなかったのに。

私は普段と変わらずスキップしながら駐車場まで歩いているノッコを見ながら、そんな無邪気なノッコと、性に目覚め始めたノッコとのギャップにひどく戸惑ってしまった。

そしてかなり迷ったあげく、日本語学校からの帰り道に車の中でノッコにその話をしてみることにした。

できるだけさりげなく。

「ねえ、ノッコちゃん」

でも内心はかなりドキドキだった。

「なーに?」

「ノッコちゃんさぁ、時々プライベートを触りたくなる時があるの?」

「えっ?、、、、、、うん、、。」

「どうして?」

「だって、、、気持ちいいんだもん。」

「そっかあ」

「、、、、、、。」

「ねえ、ノッコちゃん、あそこを触ること自体は悪いことじゃないんだよ。それは至って自然なことなんだけどね、それを人のいる前でしちゃいけないんだ。」

「どうして?」

「だってそれはとてもプライベートな場所でしょ。だからプライベートな場所を触る時は一人でいる時じゃないといけないんだよ。」

「ママ。」

「なーに?」

「もうその話しないで。」

「う、、ん。 わかった。 でもノッコちゃん、次に触りたくなった時は自分の部屋でするようにしてね。人前ではやらないってママと約束してね。」

「わかった、、。」

ノッコは明らかに居心地が悪そうだったし、その話題を避けたそうな態度だった。

私もとてもぎこちなかった。

でも一応伝えたいことは伝えられたので、とりあえずは良しとした。

                           ◇

その晩、子供達が寝てからジョンに先生から言われたことを伝えた。

ジョンも私同様とても驚いていた。

「おいおい、ノッコはまだ6歳だぞ。早すぎないかい?」

「私もそう思うんだけど、もうそういうことに目覚める年齢なのかもしれないよ。それでいてそういう行為は恥ずかしいことなんだっていうのはまだ理解できていないんだよね。」

「でも、さわこが頭から叱りつけなくてよかったよ。」

「そりゃ私も最初は叱りたくなったよ。そんなこと先生に言われてとても恥ずかしかったし。でもそういう性の目覚めってすごく自然なことだし、自慰行為自体をしてはいけないっていうのはちょっと違うような気がしたんだ。」

「そうだよね。それでノッコが触ること自体に罪悪感を感じるようになったらいけないし。でももう人前でしなくなるといいんだけど。」

「ほんとだよ。  だけど思うに、やっぱりノッコにとって日本語の授業はつまらないんだろうね。現地校と違ってずっと椅子に座ったまま先生の話を聞いていなくちゃいけないから、手持ち無沙汰になっちゃうんだと思う。それであそこを触り始めたら気持ちいい事に気づいて、触るようになっちゃったのかもしれない。でも先生にしてみたら、たまったもんじゃないだろうけど。」

「とりあえずは、しばらく様子を見るしかないね。」

「そうだね。来週の帰りの会の時は、私が教室に入ってノッコの様子を伺う事にするよ。」


それから一週間、ノッコは家では全くそんなことをする様子がなかったので、きっと私が言いたかったことを理解してくれたのだと思って少しホッとしていた。

そして次の週の土曜日、先生に言われた通りノッコの好きなぬいぐるみを持たせて日本語学校まで送って行った。


つづく



にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。