疑問に思ったバースデーパーティ 2


前回の記事で 「次回に続きます」 と書いてから一週間が過ぎてしまいました。すみません!
記事はもうすでに書いてあったのに、それを読み直してアップロードする時間が(というか気力が)ありませんでした。
日本への一時帰国の前に急に余計な仕事が増えたため、非常にバタバタしています。でもブログのことはいつも考えています。

そして前回の記事にも書きましたが、このお話は偏った私の価値観に基づいたものですので、もしも気を悪くされた方がいましたら予めお詫び申しあげます。

                               ◇

そしてもう一つの疑問に思ったバースデーパーティは、これもまたノッコのクラスメートのパーティだった。

そのパーティでは親がパーティに参加する必要はなく、子供を会場で下ろしたらそのまま帰ってもいいというものだった。

その日招待状に書いてあったパーティ会場まで行ってみると、そこは小さなアクセサリーのお店だった。

(ん?こんなところでバースデーパーティができるのかな?)と思いつつ、もしかしたらそのあと別の場所に移動するのかもしれないと思いそのままノッコをそのお店の前で下ろした。

そして2時間してパーティが終わった頃にそのお店に戻ってみて、ビックリ!

そのパーティには15人ぐらいの女の子が参加したのだけれど、全員がばっちりメークアップをしていた。

もちろんノッコも!

「あれー、ノッコちゃん、メークアップしてもらったの?」

「うん!あの人がみんなにしてくれたんだよ!」

そう言って、お店のスタッフの人たちを指さした。

そして、

「ママ見て! これももらったの!」

そう言って、メークアップグッズとマニキュアのセットを見せてくれた。

「あらー そうー。よかったね。」

そう言ってから、ホストのお母さんにお礼を言ってそのお店を出た。

車に乗ってからノッコにその化粧品グッズをもう一度見せてもらうと、10ドルのタグが付いていた。

「こんなに高いギフト、みんな一人一人もらったの?」

「うん、○○ちゃんのお母さんがみんなに10ドルのギフトカードをくれたの。それでお店の中の物を買っていいっていうから、ノッコは○○ちゃんと同じメークアップグッズにしたんだよ。他の子もみんなこれ買ってた。」

「じゃあ、今まで二時間ずっとショッピングをしてたの?」

「うん、メークアップもしてもらったよ。ケーキも食べた。」

「そう、、。」

「ねえノッコちゃん、メークアップが楽しいのは分かるけど、ノッコちゃんがもう少し大きくなるまでメークアップはしないってママと約束してくれる?」

「どうして?」

「だってノッコちゃんの肌はすごくきれいなのに、メークアップをするとその肌が荒れちゃうし、ノッコちゃんのきれいな目がメークアップで逆に隠れちゃうし。子供には子供らしいかわいさっていうのがあってね、でもメークアップはそのかわいさを台無しにしちゃうことがあるんだよ。」

「じゃあ、マニキュアは?」

「マニキュアは時々ならいいよ。」

「イエーイ!」

                         ◇

私は、世の中には子供を(特に女の子)をかわいくさせようとがんばっている親御さんがたくさんいることは知っている。現にそのバースデーの主役だった娘さんはいつもとてもおしゃれにしている。

それはその親御さんたちの価値観だと思うし、自分の子供をかわいくしたい人はそうすればいいと思う。

けれどバースデーパーティという形でその価値観を他の子にも植え付けるのは、正直言ってやめて欲しいと思ってしまった。

現にこのパーティーに参加するまでお化粧になど興味を持ったことがなかったノッコが、このパーティを機に私に隠れてリップスティックを塗ったりするようになってしまった。(幸いそのあとはそのメークアップギフトのことは忘れて放置状態になっているけれど)

ノッコは一年生を2回繰り返しているので7歳だけれど、あのパーティに参加したほとんどの子は6歳か5歳だった。

メークアップに興味を持つには、あまりに小さすぎると思う。

それにあのパーティがあった2時間のほとんどをショッピングをして過ごしたというのも、私にはあまり好ましく思えなかった。

その日子供たちが学んだことは、

メークアップをしてきれいにすることは楽しいこと
人からもらったお金でメークアップやアクセサリーを買うことは楽しいこと

の2点だと思う。

確かにお友達と一緒にメークアップしたりショッピングしたりするのは楽しいことだと思う。

けれど子供達がそれを楽しむ時期は、親が何も言わなくても自然とやってくる。

人の人生を80年としたら、女性の多くはそのうちの65年をお友達とのショッピングやお化粧を楽しんで過ごすようになる。

だから生まれてからまだ5-6年しか経っていない今は、大人になって楽しめるメークアップより子供しか楽しめない遊びを楽しんで欲しいと思ってしまうのだった。

それにもっと率直に言うと、私はノッコにあまり外見ばかりを気にする人間になって欲しくないと思っている。

自分の外見を必要以上に気にする人は、他人のことも外見で判断する人が多いと思うから。

それなのに今回のパーティは、こんな小さな子供たちに「外見が大事」「おしゃれって楽しい」という価値観を与えたような気がした。

しかもあとから他のお母さんに聞いた話によると、子供達にお店のギフトカードを与え、そのお店で買い物をさせることで、ホストのお母さんはお店からバースデーパーティ(ケーキや会場費など)の大幅な割引をしてもらったそうだ。

それも含め今回のパーティは、その趣旨に疑問を持つ点が多いものだった。

でも最初に紹介したパーティ同様、他のお母さん達は全く気にしていないようだったので、これも私のオーバーリアクションなのかもしれないけれど。。。(アメリカの子供達は10代でメークアップするようになるし)

ちなみに先日別のバースディパーティーで、白いTシャツを着た子供たちにそれぞれwater shooter(長い水鉄砲のようなもの)を持たせてお互いに水を浴びせあい、そのあとcolor powderを投げ合いtie dyeのTシャツを作るというのがあった。

これははっきり言って親にとっては最悪の企画だった。

子供たちは頭から足の先までビチョビチョだし、髪の毛や耳の中にまでcolor powderが入ってしまって、もうどこから手をつけていいのか分からない状態だった。

そんな子供たちを車に乗せるのも大変だったし、シャワーもまた大変!

でも子供たちはみんな口をそろえて「The best party ever! (最高のパーティー!)」と言っていたし、途中からモンスター役として参加したお父さんたちも子供たちよりはしゃいで楽しそうだった。

プールのパーティも、メークアップのパーティも、このTie dye Tシャツのパーティも、子供達に楽しんでもらいたいという親の気持ちはみんな同じだったと思う。

でも親も子供達も満足し楽しめるバースディーパーティーを作るのは本当に大変。

だから私もがんばって、次はクリエイティブなバースデーパーティを計画していきたいなと思った。(なーんて、また自宅のカジュアルパーティになってしまうんだろうけど、、)



にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村

疑問に思ったバースデーパーティ


以前アメリカのバーズデーパーティー事情はすごいという記事を書いたことがありますが、本当にみなさんお子さんたちのために時間とお金をかけて、より豪華でクリエイティブなパーティを開いています。そんな中で私がちょっと「これは。。。」と思ってしまったパーティが二つありました。でもこれは私の偏った価値観に寄るものなので、もしも気を悪くされた方がいらっしゃったら、予めお詫び申し上げます。

ちなみなこれは去年の夏ごろのお話です。

                   ◇

ある日ノッコのクラスメートのお母さんから、バースデーパーティの招待状が届いた。

裏庭のプールの改装工事が終わったところなので、そのプール開きも兼ねたパーティだという。

こちらでは子供のクラスメート全員をパーティに呼ぶ人が多いのだけれど、このお母さんも例外ではなく20-30組の親子を招待したようだった。

プールが大好きなノッコはそのパーティを楽しみにしていた。

ところがパーティがある週は例年になく寒い日が続き、パーティの当日の朝は暖房を付けないと寒いくらいだった。

外の天気も曇りだったし、私はてっきりプールのパーティは中止して室内のパーティに切り替えるのだろうと思い、ノッコの水着やタオルの用意をしていかなかった。

ところがそのお家に着いてみてビックリ。凍えるような寒さの中で予定通りプール開きをやっていた!

そしてそのプールの中で数人の子供たちが泳いでいるではないか!

それを見たノッコが「私も泳ぎたい!」と愚図りだした。

けれど水着を持っていなかったし、他にもバウンシーハウスなどが用意されていたのでそれで遊ぶことを勧めてなんとか納得してもらった。

パーティの間お母さんたちは子供に付き添って裏庭にいるように言われたので、どのお母さんもセーターやジャケットを着て2時間も外に立っていなければならなかった。

プールから上がってくる子供たちの唇はみんな紫色になっていて、どの子もガタガタ震えていた。

「この子たち、大丈夫かいな?」

と心配する私をよそに、他のお母さんたちはさほど気にもしていない様子。

人一倍寒がりの私は、とにかく早く帰りたくて仕方がなかった。

ようやくパーティが終わって帰ると、私はすぐにノッコを暖かいお風呂に入れた。

次の日学校までノッコを迎えにいくと、その日風邪をひいて欠席した子が二人いたという話を耳にした。

それを教えてくれたお母さんは、「確かにすごく素敵なプールだったけど、あれはちょっと寒かったわね。」と笑っていた。

私は正直言って笑えるどころかちょっとした怒りさえ感じていたほどだった。

いくら綺麗になったプールを見せたかったとはいえ、あんなに寒い中でプールパーティをするのはどう考えても無謀だと思った。

彼女の家は豪邸で、20組の親子を無理なく収容できるスペースが室内にあったのだから、室内のパーティに切り替えればよかったのに。

招待してもらった身でこんなこと言うのはよくないけれど、でもあのパーティは自分の子供やゲストのためというより、親のエゴのために開いたもののようで私には好ましく思えなかった。(ちなみに彼女の娘さんはプールに入っていなかった)

それにしても、あんな寒い中2時間立たされてもあまり気にしなかったお母さんたち。

アメリカ人て寛容だよなぁと思う。

それに比べて私は心が狭く、一人でグリンチ状態になっているだけなのかな。

そんな疎外感も感じたりした。


*もう一つ書きたいパーティがあったのですが、7ページと長くなってしまったため次回に続きます。


にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村


とてつもない不安

私たちは今月末から日本への一時帰国を予定しています。
日本滞在中は父の車を運転させてもらうことを考えていて、その際の保険をどうすればいいのか以前このブログで質問させていただいたところ、父が加入している保険で私もカバーされるのではないかというコメントをいただきました。
そこで早速両親に聞いてみたのですが、その時は埒があかなかったのでもう一度その件について昨日両親に電話してみました。これはその時の会話です。

                             ◇

「もしもし、お母さん? さわこだけど。ほら、この間聞いた車の保険のこと分かった?」

「えっ? 保険て?」

「だから私がお父さんの車を運転するとき、私もその保険でカバーされるかってこと。」

「ああ、それね。そういえば、お母さんたち新しい車買ったのよ。」

「えっー? どうして?」

「ほら、前の車すごく古くて汚かったでしょ。さわこ達が乗るのにあれじゃ困ると思って。」

「そうなの? でも私たちが乗るのは1ヶ月ぐらいだけなのに(それに高齢の父があと何年運転できるか分からないのに、と言おうとしたけどそれは止めた)」

「いいの、いいの、どうせ中古の軽自動車なんだから。」

「そう。ところでそれ、オートマなの? 私オートマしか運転できないんだけど。」

「えっ?オットー?」

「違う違う、オートマ車なのって聞いたの。私マニュアル車はもう運転できないからさ。」

「何言ってるのかお母さんにはよく分からないわよ。」

「じゃあ、ちょっとお父さんに聞いてみて。」

「ちょっとお父さん、さわこが、、あらっ、何車だっけ?」

「オートマ車だってば。」

「オートマ車かって?」

「何が?」

「ほら、新しい車。オートマ車?」

「ああ、オートマ、オートマ。」

「オートマ車だってよ。」

「よかった。じゃあ、新しい車の保険はどうなってるの?」

「同じよ。継続して入ってるんだから。」

「そうなの?じゃあ、私が直接電話して聞いてみるから、その車の保険会社の連絡先教えて。」

「そんなの分からないわよ。お父さんわかる?」

「知らねえ。飯島さんていう人が担当だから、飯島さんに聞いてみろ。」

「でも会社名が分からないと飯島さんに聞くこともできないよ。」

「ええと、何て言ったかなー。ちょっと待ってろ。」

そのあとごそごそと書類を調べてから。

「ああ、東京海上だ。」

「さわこ? 東京海上だって。」

「東京海上ね。それでその新しい車の車種は?」

「本田よ。」

「それは会社名でしょ。車の名前は?」

「えーっと、何て言ったかしらね。ねえ、お父さん、車の名前、何だっけ。」

「知らねえ、そんなもん。」


ガーン! 

新しく買った車の名前も知らないなんて、、、一体この二人は、、。(きっと横文字だからだろうなぁ)

この夏こんな両親と1ヶ月も一緒に過ごすのかと思うと、不安で頭がくらくらしてきそうだった。

この両親とノッコ&風太のセット。

私たちの日本滞在はどうなってしまうのか。

私はどうなってしまうのか。

みなさん、6月の旅行記に乞うご期待!


にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村


 

ノッコと風太のおもしろ語録


そろそろノッコと風太のおもしろ語録が溜まってきたので、少しここでご紹介したいと思います。(風太寄りのものが多いです)


1.一文字ちがい

風太「ママ〜、見て〜、この花きれいー。」
私「うわー、本当だ。風太くんこの花なんていう名前か知ってる?」
風太「知らない。」
私「そう。じゃあ、ノッコちゃん知ってる?」
ノッコ「うん、知ってる。 たんぽこ」

(あっー、おしい!)



2.とんち

風太「ねえ、ノッコ、そのビー玉、ボクにもちょうだいよー」
ノッコ「いいよ。I will give you one if you say something (風太が何か言ったらあげるよ)」
風太「something! (何か!)」

(やだ風太、一休さんみたい!)



3.かわいい思い込み

私が風太に「ガリバーの冒険」を読んでいる時、最後に戦争を回避した国民が揃って万歳をしている絵があった。

風太「ママ、どうしてみんな服を着てるの?」
私「なんで? 服を着てちゃいけないの?」
風太「だって“ばんざーい”は服を脱ぐ時だよ。」

(ああ、それは風太くん限定なんだなぁ。)



4.気持ちはわかる

私が風太に「アリババと四十人の盗賊」を読んでいる時。

私「そしてアリババが岩の扉に向かって、、」
風太「ママ待って!ぼくアリババが何て言うか知ってる!」
私「本当? じゃあ、言ってみて」
風太「まわれー みぎ!」

(ああ、確かになんか似てる。でもそれじゃ扉は開かないんだなぁ)



5.言葉のセンス

子供達がお風呂から出た後ときどき「お寿司ごっこ」をする。それは子供達を毛布にくるんでお寿司にし、それをジョンと私が食べるという遊び。その日もその「お寿司ごっこ」をやって欲しかった風太が一言、

「ねえママー、ぐるぐる me して!」

(ああ、その英語と日本語の微妙なバランスがステキ!)




6.その言葉を待っていた


先週から日本語補習校に通い始めた風太。その日の晩、急に私に抱きついて

「お母さん大好き」と日本語で言った。

その響きがうれしくて、思わず涙が出そうだった。





にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村

ノッコの癇癪 「断糖」をしてみた結果

* これは昨日の記事の続きです。


お砂糖を使わない食事を始めてから三日ぐらいすると、ノッコのムードに少しずつ変化が見られ始めた。

その一つは朝の目覚めだった。

ノッコは普段朝がとても苦手で、ジョンや私が起こしに行くといつも機嫌が悪く、まず「どうして起こすのよー!」と怒鳴り散らした。

そのイライラは朝食を食べ始めてからも治らず、あれが嫌だこれが嫌だと何かにつけて文句を言うので、だんだん私たちまでイライラし始め最後には「いい加減にしなさい!」と怒鳴りあいのケンカになってしまうのだった。

けれど砂糖を断ってからは、朝の目覚めが以前ほど悪くなくなった。

ジョンが起こしても、眠そうに「ふぁ〜、朝ごはん何?」と言いながらベッドから起き出して、そのまま下の階に降りてくる。

そのあと普通に朝ごはんを食べて、普通に朝の準備をする。

数日前からは、なんと自分で起きて下に降りてくるようになった!

機嫌もすこぶるいい。

この変化は一体何なんだろう?

私なりに色々考えてみた。

ノッコの睡眠時間は以前と変わらず夜8時半から朝の6時半までの10時間だ。

だけど以前と比べて眠りの深さが深く、ぐっすり眠っているようだった。(以前はよく寝ながら寝言を言っていたけれど、最近はそれがなくなったのでそんな気がした)。

少し前まで我が家では食後に必ずケーキやパイ、アイスクリームなどのデザートを食べていた。夏はデザートに果物を食べることが多かったけれど、冬はりんごぐらいしか果物がないので自然にデザートが甘いものに変わっていったのだ。

そしてデザートは、子供達が宿題をした後そのご褒美として与えていた。

だから宿題を終わらせて子供たちがデザートを食べるのはいつも8時近くだった。
それから急いでお風呂に入って寝る準備をしていたので、毎日寝る寸前に甘いものを食べていたことになる。

その砂糖が子供達の睡眠にどう影響したのか科学的にはよく分からないけれど、ノッコの脳を刺激して熟睡を妨げていたことは確かだと思う。

その証拠にノッコはいつも学校から帰ると疲れてよく20分ぐらい昼寝していたのに、砂糖を取らなくなってからその昼寝もなくなった。

そしてもう一つの明らかな変化は、学校が終わった後のノッコの様子だった。

以前は私やジョンがアフタースクールに迎えにいくと、いきなりふくれっ面で教室から出てきて、車に乗ってからもいつまでもブツブツと文句を言うので車の中でバトルというのがお決まりだった。

けれど砂糖をやめて数日すると、学校が終わった後のイライラがなくなった。

特にこれといって機嫌が良い訳ではないけれど、機嫌が悪い訳でもないという感じ。

普通に「今日学校で何したの?」などという会話をして、その後ノッコはだまって窓の外を見ている。そんな静かな時間に変わった。

全般的にノッコは本当に落ち着いたと思う。

もちろん今でも宿題をする時や疲れている時は私たちに八つ当たりすることはあるけれど、以前のように常にイライラしているという時間がぐっと減ったし、怒り出しても「発狂」のように暴れることがなくなった。

この変化に対しても私なりの分析を入れてみた。

それは砂糖を断ったことと同時に、ヘルシースナックを与えていたことと関係があるように私には思えた。

チョコレートやケーキの代わりに、杏やプルーンなど繊維の多いドライフルーツを与えていたせいで、どうやらノッコのお通じが快適になったらしい。

今までノッコはどちらかというと便秘気味で、2日に一回出ればいいという感じだった。けれど今では朝と夕方の1日2回トイレに行くようになった。

この「快便」はムラのあるノッコの気分に大きな影響を受けたようで、ノッコの日常的なイライラはそれらのおやつを食べることでだいぶ解消されていった。

ノッコが自分から「お通じがよくなったからイライラがなくなった」と言った訳でもないのにどうしてそれが分かるかというと、実は私自身もその効果の恩恵を受けていたからだった!

子供達に甘いものをあげていないのに、親である私が甘いものを食べていたらやっぱりフェアーじゃないと思ったので、私自身も子供達と一緒に「断糖」を始め、ナッツやドライフルーツを食べるようになった。

そのおかげで毎日快眠、快便、イライラ減少。

おまけに4キロも痩せてしまった!

正にwin-winの状態。

もちろん今回ノッコの癇癪が少し改善したのは断糖したせいだけでなく、他の色々な要素が絡み合ってできた結果だとは思う。

春になって暖かくなったためノッコの中でワクワクする気持ちが生まれたのかもしれない。

私とジョンのノッコの癇癪に対する対応が以前よりよくなったからかもしれない。

以前学校であった嫌なことが、偶然同じ時期になくなったのかもしれない。

それかホルモンの関係もあるのかもしれない。

本当の理由は私にもわからない。

けれど少なからず断糖の影響があることは間違いないとは思う。

なぜなら先週末友達のお家で、お夕飯&デザートをごちそうになって帰ってきたノッコの様子がすごく変だったから。

まるでドラッグでも吸ってきたのかと思うくらいハイパーで、何を聞いてもヘラヘラ笑っているだけ。いわゆる「イっちゃってる」ような状態だった。

よくよく聞いてみると、お夕飯と一緒にコーラを一缶飲んで、ご飯のあとにケーキとアイスクリームを食べさせてもらったという。しかも少し咳をしていたからと言ってのど飴まで10個ももらってきた!

その結果次の朝は9時頃まで起きてこず、起きてからも「気持ち悪い」と言って朝ごはんをあまり食べられなかった。

いわゆる市販のキャンディーやケーキはお砂糖だけでなく、科学調味料や合成着色料などが入っているので、ノッコがハイパーになってしまう原因はそういう物質にあるのかもしれない、とその時は思ったりした。

ただ一言お断りしておきたいのは、今回この記事を書くことにしたのはけしてお子さんに甘いものを与えている親御さんたちを批判するためではないということです。

私も以前は普通に子供達に甘いものを与えていたし、たかが甘い物ごときで「ダメダメ」とうるさいお母さんにはなりたくないとさえ思っていた。

だからノッコの癇癪の問題がなければ、きっと今までと変わらず甘いものを与えていたと思う。

そして「断糖」はどの子にも効果がある訳ではないとも思っている。

実際風太は甘いものを食べていた頃からいつもハッピーで落ち着いた子だったし、断糖をしてからもノッコほどその変化が顕著に見られない。

なので断糖はノッコのような脳を持った子供に効果的なのであって、特に生活面で問題のない子は無理にお砂糖をカットする必要もないと思う。

そしてノッコの状態がもっと落ち着いてきたら、週末の1日ぐらいはまた家族でアイスクリームを食べに行ったりしたいなとも思っている。

子供時代にしか味わえない楽しい思い出は、時として砂糖と切り離せないこともあるから。

子供の問題への取り組み方はその家庭家庭で違って当然だと思うし、何が一番いい方法なのかなんて誰にも分からない。

でももしもノッコのようなお子さんをお持ちで、癇癪に悩まされている親御さんがいるのであれば、精神安定剤のような薬に頼る前に一度「断糖」を試してみるのもいいと思う。

その症状によって食事療法は、薬を飲むのと同じくらいの効果があると私は信じています。


長々と書いてきましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました!


にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村


 
sidetitleプロフィールsidetitle

さわこ

Author:さわこ
在米のさわこです。売春、ドラッグ、破談などの障害を越えてようやく家へきたノッコと風太の養子縁組のお話を綴っていきます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle管理者ページsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle